新電力とは

新電力とは

今現在、日本の一般家庭では電力会社を自由に契約することはできません。東京に住んでいる人は東京電力、大阪に住んでいる人は関西電力、九州に住んでいる人は九州電力と契約する必要があります。これが電力会社の地域独占といわれるもので、電気料金の高止まりを招いていると言われています。日本の電力料金は世界的に見てもとても高く、なかなか安くならないのは地域独占のおかげで競争原理が働かないからだと、言われているんです。

 

 そこで来年の4月から各家庭では自由に電力会社と契約できるようになります。新電力とはこうした新しい電力会社のことを指して、来年の4月の電力自由化に向けて準備が進められています。
 新電力に参入する会社は様々で、ケーブルテレビを運営している会社やガス会社など様々ですが、自前で発電するガス会社など一部を除き、ほとんどは発電施設を持たない会社です。

 

 一般的に、ものは何でも大量に購入すると安くなりますが、電気も一緒で大量に購入すると安くなります。新電力はたくさんの電気を電力会社から購入して、それを一般家庭に販売するという方式をとります。電力会社から電気を安く仕入れて、一般家庭に小売りするというのが新電力のビジネスモデルなんです。
 今後競争原理が働くと、電気料金は安くなると言われていますが、今現在日本では原発がほとんど稼働していないので、発電コストが高くなかなか安くな貼らないだろうと言われています。

 

 そんな新電力ですが、大口の需要家ではすでに解禁されています。工場やオフィスビルなどでは、既存の電力会社からではなく、新電力と契約している施設は結構たくさんあります。その他にマンションでも新電力と契約している施設があり、各入居者は新電力の会社に電気料金を支払っているケースもあります。
 来年4月になると新電力がもっと話題になるが予想されていますが、少しでも電気料金の値下げにつながれば消費者としては嬉しいですね。